OKサインを出す作業員

外来種を駆除

特定外来生物に指定されているアライグマは、今や北海道から九州に至るまで全国各地に生息し、被害報告も多数寄せられています。アライグマはもともと北アメリカに生息していたものが、日本にペットとして入ってきました。それが野生化して今では都市部にも生息しています。雑食性で繁殖力も高く、日本に天敵がいないため増える一方です。アライグマは夜行性ですが、昼間に行動することもあります。屋根裏に巣を作ってそこで繁殖します。アライグマの被害は多岐に及んでいます。農作物が食い荒らされる被害や、感染症の恐れもあります。アライグマ回虫症を引き起こすこともあります。又、屋根裏に巣を作られてしまうと、糞尿の臭いやゴミを漁ったりという被害が多いようです。

アライグマが屋根裏などに棲みついていて捕獲したいと思ったら、まずはお住まいの市町村の窓口に相談してみてください。アライグマの捕獲には捕獲者台帳登録などの手続きが必要です。その上でアライグマ捕獲器を設置します。好物のトウモロコシや甘い果物などでおびきよせましょう。捕獲できた場合は、市町村の担当窓口に連絡する必要があります。1週間しても捕獲できないようなら設置場所を変えてみましょう。それでも捕獲できないような場合は、駆除業者に依頼するといいでしょう。駆除業者はインターネットで検索すると簡単にみつかります。駆除業者が近くにない場合でも全国どこでも出張駆除するようです。電話相談や現地見積もりは無料で行っています。

害獣駆除の専門

近年では、多くの方が利用する用になってのが専門業者です。素人ではできないような仕事を行なってくれるのでとても頼りになります。ここではハクビシン駆除について紹介を行なっていきます。

自分で対策をする

鳩は平和を現す鳥と言われていますが、糞や鳴き声などで多くの住民が悩んでいます。ベランダにネットを張ることで、鳩がベランダに入ってこないようになります。ベランダを清掃してくれる業者もあります。

未来の駆除法

シロアリ駆除サービスは多くの家庭で利用されるものですが、薬品を使用するため周囲に住んでいる人の迷惑になる可能性があります。最近では、環境への配慮として自然成分を使用した薬品を使う業者が増えています。